消防本部
 概要
 総務課
 予防課
警防課 救急課
 通信指令課
 消防署

消防車両2台更新

 この度,稲敷広域消防本部において2台の消防車両を更新しました。1台は龍ケ崎消防署へ消防ポンプ自動車(平成29年12月27日運用開始)を,もう1台はいなほ消防署桜東分署へ広報車(平成30年1月24日運用開始)を配備し,消防ポンプ自動車は,圧縮空気泡消火装置(通称CAFSCompressed Air Foam System)を装備した車両となっています。CAFSとは,水に少量の消火薬剤を加えて,圧縮空気を送り込むことにより発泡させ,水の表面を広げることで効率よく消火することが可能となり,使用する水は少量となることで,消火活動による水の損害を最小限に抑え,圏域住民の貴重な財産を守るなどの効果的な活動ができる車両です。
 広報車は,現場活動において通信・情報収集・各種資機材搬送等ができるほか,住民の皆様に対して広く「災害発生の広報や必要な情報を伝達する」役割を担い,多彩かつ広範囲に消防活動が行え,住民の安心安全を守ることができる車両です。

☆龍ケ崎消防署 消防ポンプ車(CAFS)


☆いなほ消防署桜東分署 広報車 

   
 一つ前へ  HOME  先頭へ