消防本部
 概要
 総務課
 予防課
 警防課
救急課 通信指令課
 消防署

救急救命士の行う処置範囲が拡がりました。


 平成26年1月31日,厚生労働省から「救急救命士法施行規則の一部を改正する省令」等が交付され,平成26年4月1日から施行されました。これにより,救急救命士の行う救命処置の範囲が次のとおり拡大いたします。
 1,血糖測定と,低血糖発作症例へのブドウ糖溶液の投与
 2,心肺機能停止前の重度傷病者に対する静脈路確保(静脈に針を刺し入れ血管内へ点滴や薬剤を投与する経路)及び,輸液(点滴)

<運用開始>
 稲敷広域消防本部では,平成26年12月1日から運用を開始しています。
 拡大2処置を実施することができる救急救命士は,特別な講習を受講することが義務付けられており,当本部では,救急救命九州研修所で2名が受講しています。この講習は,平成27年度には茨城県でも開始される予定で,順次有資格者を養成してまいります。

<処置内容>
(1)血糖測定と,低血糖発作症例へのブドウ糖溶液の投与

【血糖値測定(イメージです)】

 ア 処置の内容
 意識状態が悪くなってしまった傷病者に対して血糖値の測定を行います。低血糖が確認された場合には,医師から電話等で指示を受け,ブドウ糖溶液を点滴から投与します。

 イ 対象者
 Ⅰ.血糖値の測定
 意識障害(自発的な覚醒がない)があり,血糖測定を行うことで意識障害の鑑別や搬送先医療機関選定に有効であると判断される場合

 Ⅱ.ブドウ糖溶液の投与         
 15歳以上(推定含む)であり血糖値が50mg/dl未満の場合

(2)心肺機能停止前の静脈路確保と輸液(点滴投与)
 ア 処置の内容
 心停止の危険性があるショック状態の傷病者や,身体が重い物に長時間挟まれ血液のめぐりが悪くなっている傷病者(クラッシュ症候群疑い)に医師から電話等で指示を受け,点滴を行います。

 イ 対象者
 15歳以上(推定含む)であり増悪するショック症状や,クラッシュ症候群が疑われる場合(心原性ショックが強く疑われる場合は除く)

※一般の皆さんには難しい言葉が続きましたね。稲敷広域消防本部では,拡大2処置の有資格者の養成を積極的に行ってまいります。また,この処置を行う上で必要不可欠な静脈路確保は,ショック状態等の傷病者には非常に難しい手技となっておりますので,繰返し訓練を実施してまいります。

   
 一つ前へ  HOME  先頭へ