消防本部
 概要
 総務課
 予防課
 警防課
救急課 通信指令課
 消防署

稲敷地区応急手当ボランティア指導員研修会を開催

 令和元年8月3日(土)龍ケ崎消防署において,稲敷地区応急手当ボランティア指導員研修会を開催しました。
 稲敷地区応急手当ボランティア指導員とは救命講習会において,消防職員とともに指導をしていただいている普及員または指導員の資格を持った一般の方です。
 例年指導技法に関する講義及び実技を実施していましたが,今年は指導技法に加えて,指導者自身の胸骨圧迫の質の確認,さらにいつも使用しているリトルアンと呼ばれる訓練用人形の構造について各班に分かれ学びました。
 また,心肺停止状態の傷病者に対し,一般の方が心肺蘇生法を実施したことにより脈拍・呼吸が再開し社会復帰した症例の報告を行い,最後に応急手当に関する意見交換を実施しました。多岐に渡る内容で,次の指導に繋がる研修会となりました。
 今後も,応急手当ボランティアの皆様と協力し,普及啓発活動に努めてまいります。


【指導技法講義の様子】

【胸骨圧迫の質を確認しています】

【リトルアンを分解中】

【意見交換をしています】
   
 一つ前へ  HOME  先頭へ