消防本部
 概要
総務課 予防課
 警防課
 救急課
 通信指令課
 消防署

消防広域化 ~平成27年4月1日スタート~


■管轄区域に阿見町が加わりました。
 稲敷広域消防本部は現在,龍ケ崎市,牛久市,稲敷市,利根町,河内町,美浦村を管轄としておりましたが,更なる消防力の強化を目指し,阿見町消防本部と消防の広域化を実施いたしました。
 この広域化により,管内面積・人口,職員数,消防車両台数等が,茨城県内でトップクラスの消防本部となり,多くのメリットが期待できます。

■消防本部・署はこう変わりました。
 阿見消防署が加わり,5消防署2分署2出張所で圏域の消防需要に対応します。

 本部の名称  稲敷広域消防本部
 本部の場所  茨城県龍ケ崎市3,571番地の1(変更ありません。)
 本部の機能  変更ありません。
 消防署所の
名称・場所
〇龍ケ崎消防署      龍ケ崎市1,759番地
     新河分署      河内町長竿5,765番
     西部出張所    龍ケ崎市馴柴町1区23番地の2
〇牛久消防署        牛久市栄町4丁目1番地
     東部出張所    牛久市久野町798番地1
〇いなほ消防署       稲敷市犬塚1,570番地2
     桜東分署      稲敷市上須田355番1
〇阿見消防署        阿見町若栗3,337番地
〇利根消防署        利根町布川2,073番地
  ※江戸崎消防署と江戸崎消防署美浦出張所を統合し「いなほ消防署」といたしました。

新しい稲敷広域消防本部管轄区域



広域化後 
管轄面積 550.04k㎡ 
管轄人口  約30万人
職員数  394名 
消防車両等  60台 


■広域化による効果
  スケールメリットにより次のような効果が期待できます。

〇住民サービスの向上
   初動の消防力,増援体制の充実・現場到着時間の短縮
 
〇人員配備の効率化と充実
   現場要員の増強,予防・救急業務の高度化・専門化

〇消防体制の基盤強化
   高度な消防設備,施設等の整備,適切な人事ローテーションによる組織の活性化

〇行財政効率化による運営費の削減
 
 今後も「地域住民の生命・身体・財産」を守る「安全・安心のまちづくり」のため,引き続き住民サービスの向上に努めてまいります。 

総務課 0297-64-3845
   
 一つ前へ  HOME  先頭へ