消防本部
 概要
 総務課
予防課 警防課
 救急課
 通信指令課
 消防署

ガソリンの容器への詰め替え販売について

 令和元年7月18日,京都市において,死者35名,負傷者34名の極めて重大な人的被害を伴う爆発火災が発生しました。詳細については,現在調査が進められていますがガソリンをまいて火をつけたものとみられています。このことから,ガソリンスタンドなどにおいて,ガソリンを容器へ詰め替え販売する場合の消防法令遵守の徹底と,購入される方への身分証の確認や使用目的の問いかけなどにより,同種の事故を防止する取組みの運用を開始することとなりました。皆様のご理解とご協力をお願いします。


1.ガソリンを取り扱うときの注意事項
 ガソリンは灯油よりも揮発性が高く,火災や爆発事故が発生するおそれが高いため,灯油用ポリ容器に入れることは法令で禁止されています。ガソリンを詰め替える際には,必ずガソリン用携行缶を使用し,容器に貼られている注意事項に従って取り扱ってください。
 また,ガソリンの容器への詰め替えは,セルフスタンドであっても,従業員以外の方が行うことはできません。

灯油用ポリ容器

ガソリン用携行缶

注意事項(例)

  









2.ガソリンを容器に詰め替えて購入される方へ
 ガソリンの適正な使用を徹底するために,ガソリンスタンドなどの販売店に対し,ガソリンを購入される方の,
  (1) 身分証の確認
  (2) 使用目的の問いかけ
 を行うよう呼びかけています。
 皆様のご理解とご協力をお願いします。




3.ガソリンスタンドなどの事業者の皆様へ
 ガソリンの容器への詰替え販売を行う場合は,消防法令に適合した容器であることを確認していただき,購入される方に対して,
  (1) 身分証の確認
  (2) 使用目的の問いかけ
  (3) 販売記録の作成
を行うようご協力をお願いします。
 また,同様の火災を未然に防止するため,不審者発見時の警察機関への通報等についてもお願いします。

4.その他
 上記に関するリーフレットを,以下からダウンロードできますのでご参照ください。

   ガソリンを携行缶で購入される皆様へ 
   ガソリンスタンド事業者の皆様へ 

   
 一つ前へ  HOME  先頭へ
HOME お知らせ 事務局 広域消防 老人ホーム 様式ダウンロード アクセス サイトマップ  このサイトについて
Copyright(C) Inashiki Kouiki All Rights Reserved