稲敷広域消防本部

スマートフォンを活用した映像通報システム『Live119』


 『Live119』とは、通常の音声による119番通報に加えて、現場の状況を映像で確認できるシステムです。
 通報者が撮影する災害現場の映像を通信指令員がリアルタイムに確認を行ったり、通信指令員から応急手当を実施いただくための映像を送信するなど、迅速な現場活動に役立てています。
 119番通報の際、通信指令員が必要と判断したときに、『Live119』を利用した映像送信のご協力をお願いすることがあります。

協力のお願いについて

 通報者の安全が確保されていることが前提となります。安全な環境が確認できれば、通信指令員から操作手順について説明します。
 尚、映像送信にかかる通信料金が通報者側にかかりますので、ご理解とご協力をお願いします。(通信料金は、ご契約の通信会社やご契約のプランにより異なります。)

Live119の流れ

Live119操作手順

1 スマートフォンからの119番通報に対し、『Live119』による映像送信をお願いします。
2 通報者の安全が確保されており、映像送信時に通信料金が発生することを確認します。了承いただくと、通信指令員が通報者の電話番号宛てにショートメッセージ(SMS)を送信します。
  ※ショートメッセージ(SMS)を開く前に、電話の音声をスピーカーフォンに切り替えます。
  撮影中にスマートフォンから耳を離しても、電話の音声が聞こえるようになります。
3 メッセージを受け取ったら、記載されたURLをタップします。
4 ウェブブラウザから『Live119』が起動します。
5 撮影前の注意事項を確認します。問題がなければ承諾いただき次へ進みます。
6 『Live119』ではマイクやカメラ、位置情報を使用します。使用の許可をして次へ進みます。
7 スマートフォンを横向きにし、開始ボタンをタップして撮影を開始します。
8 撮影している映像は通信指令員へ送信されます。通信指令員が現場の状況を映像で確認します。