稲敷広域消防本部

HOME | 稲敷地方広域市町村圏事務組合 | 消防本部 | 消防本部の概要

稲敷広域消防本部の概要

 稲敷地方広域市町村圏の発足当初,圏域において常備消防を設置していたのは龍ケ崎市のみでした。
 そこで,圏域設定後構成市町村が協議し,広域消防政令指定(昭和50年4月30日自治省告示第121号)を受け,昭和50年4月1日に発足,その後,茨城県知事から稲敷広域事務組合規約変更許可(平成26年10月16日)を受け,平成27年4月1日に稲敷広域消防本部が発足されました。

 また,組合では構成市町村から委託を受け平成3年2月より緊急通報システムの管理および運営を行っています。
 これは,圏域内に住む一人暮らし老人などが住みなれた地域で安心して生活できるよう,急病,事故などの緊急時に迅速な通報手段を確保するとともに的確な対応ができることを目的にシステム化されたものです。
 

稲敷広域の消防力

 稲敷広域消防本部では,管内の各消防署,消防分署及び消防出張所に最新鋭の消防車両などを計画的に配置し,様々な災害に対応するために職員が24時間体制で勤務しております。

消防職員(条例定数) 410人
消防職員(実員) 388人
消防署 5署
消防分署 2分署
消防出張所 2所
消防車両 84台

消防車両の更新基準


救急車  8年
消防ポンプ車 15年
特殊車両(化学車,梯子車,救助工作車) 20年
 

 ※ この基準を基に走行距離,出場件数,性能維持,修繕履歴等総合的に検討し,短縮又は延長を判断し更新しております。


稲敷広域消防の組織


 

消防本部の位置

所在地 〒301-0837  龍ケ崎市3571番地の1
電話番号 0297-64-3743(代表)
FAX番号 0297-64-3746
メールアドレス fpd-info@inashiki-kouiki.jp 
1階  事務局・総務課
2階  予防課・警防課・指揮隊・通信指令課・救急課
3階  会議室